協会の概要

会長挨拶

 本協会は,海田町の文化・スポーツ活動の振興を担い,文化・スポーツ活動の活性化,レベルの向上及び保護に貢献することを目的に,令和3年3月に生まれた団体です。背景には,これまでそれぞれ独立していた文化とスポーツの団体を統合することで窓口をひとつにし,両輪として各分野が発展していくようにという思いがあります。事業内容としては,文化系やスポーツ系の講座に関すること,文化イベントやスポーツ大会の開催,文化・スポーツ団体の連携の促進に関することなどがあります。本協会には,現在約110の講座で1,200名以上の講座会員と,12の団体会員が加盟して活動しています。  ただ,本協会は,コロナ禍という想像もしなかった環境の中で設立され,ほとんどの活動が自粛や中止となり,会員の活動意欲が停滞するような状況になっています。しかしながら,このような状況の中だからこそ,改めて文化やスポーツが我々の営みに欠かせない重要なものであることを実感いたしました。  新型コロナウィルス感染を気にすることなく活動できる日が早く訪れるよう願うばかりですが,同時に「新たな文化・スポーツ活動の在り方」を模索しながら,めざすは「いつでも,どこでも,誰でも,楽しい生活ができるまち」「人に優しい,心と心の触れ合う機会の多い安らぎのあるまち」「参加型のまちづくりで,個性と活力のあるまち」「少しの力をみんなで出し合う,無償のボランティアがあふれるまち」の達成に向け,本協会として一層尽力しなければならないと考えております。

令和4年7月

一般社団法人海田町文化スポーツ協会 会長 小畑 佑藏

沿革

海田町文化スポーツ協会は,海田町の文化スポーツ活動の振興を担い,文化・スポーツ活動の活性化・レベルの向上及び保護に貢献することを目的に,令和3年3月1日に,一般社団法人として設立しました。 当協会は,公民館の各種講座,旧海田町民文化振興会,旧海田町音楽祭実行委員会,旧織田幹雄スポーツ振興会を統合し組織したもので,舞台芸術講座34,美術芸術講座16,生活文化講座17,スポーツ系講座47,織田幹雄陸上部会1の,計115講座(講座会員数1,258名),また,舞台芸術団体9,生活文化団体1,スポーツ系団体2の計12団体が団体会員として加盟しています。 加盟各団体の活動とともに,協会事業として文化事業では,町内小・中・高・一般の吹奏楽,合唱団体の合同演奏会「ふれあいコンサート」,幼児からお年寄りまで皆が楽しめる「はじめて音楽会」,海田町文化祭,公民館まつり等を,スポーツ事業では「織田幹雄金メダルの日記念事業」「織田幹雄記念マラソン大会」「織田幹雄記念駅伝大会」等の事業を,それぞれ関係会員で実行委員会を組織して,企画から運営まで行っています。
名  称 一般社団法人海田町文化スポーツ協会
設  立 令和3年3月1日
定  款 定款
役  員 役員
令和3年度事業計画・予算 事業計画書講座一覧収支予算書
令和3年度事業報告・決算 事業報告書決算報告書
令和4年度事業計画・予算 事業計画書講座一覧収支予算書
令和4年度事業報告・決算 事業報告書決算報告書
令和5年度事業計画・予算 事業計画書講座一覧収支予算書
令和5年度事業報告・決算 事業報告書決算報告書
令和6年度事業計画・予算 事業計画書,講座一覧,収支予算書